業務実績例

Example of work record.

 地上型レーザースキャナーの業務使用実績 cace 1

災害調査:402号他被災箇所測量委託  平成25年度 新潟県長岡地域振興局与板維持管理事務所

業務の特徴:

 平成25年7月の豪雨により発生した大規模斜面崩壊箇所の災害調査。

 非常に広範囲な斜面崩壊で、大量の崩落土砂が流出。

 崩落箇所は多量の水分を含み再崩落の可能性がある(二次災害の危険)。

 全面通行止の早期解除に向け、迅速な現況把握が必要。

総延長=約800m ※航空つなぎ写真(新潟県提供)

地上型レーザースキャナーを使用し、現地計測を3日で完了

業務の成果:

 現地作業を早期に完了させることで、全面通行止の早期解除に寄与した。

 計測結果から平面図・縦横断面図作成、土砂撤去量算出を実施した。

地上型レーザースキャナーにより計測した点群データ

 地上型レーザースキャナーの業務使用実績 cace 2

数値地形図作成:魚野川流域測量業務  平成27年度 国土交通省北陸地方整備局湯沢砂防事務所

業務の特徴:

 延長約3km、面積約0.8k㎡の数値地形図(平面図:地図情報レベル500)作成。

 豪雪地帯のため現地作業期間は1ヶ月程度(業務着手:10月14日)。

 上流部は狭い渓谷で、左右岸の山地部は急峻な斜面である。

 段丘面には広葉樹林が発達し、山地部にはスギ植林が占める。

 河道周辺ではヨシやツル性植物(クズ等)が繁茂している。

両岸に急峻な斜面が続き、上流の山地部にはスギ植林が点在

河道周辺には河川性の草本類が繁茂

車載状態の計測で効率化を図る

地上型レーザースキャナーを使用し、現地計測を3週間で完了

計測データから3次元地形データを作成

○3次元地形データから数値地形図作成へ

三次元モデルで生成した等高線に水部・構造物を測定した補測データ(TS観測)を合成して平面図を作成
三次元モデル上の線形条件で指定された位置・間隔で標高計算を行い、縦横断面図を作成